ケータイ辞書JLogosロゴ 小野郷(中世)


岐阜県>八幡町

 南北朝期から見える郷名。美濃国郡上【ぐじよう】郡のうち。「大興寺文書」貞治3年6月20日付の前大僧正某寺領安堵状に「美濃国吉田庄吉田・小野・中野・下田四ケ郷」とあるのが初見(大興寺文書)。下って文明14年10月28日付の守護土岐成頼宛室町幕府奉行人連署奉書案に「御料所美濃国郡上保小野・吉田事,被成御山荘御料所訖」と見え,当地が東山山荘料に充てられたことがわかる(蜷川家古文書)。なお地内滝山は慶長5年の八幡城の戦の折,金森氏が陣を敷いた跡で,後年郡上領主となった金森氏が戦死した家臣50余名の追善供養碑を建立している。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343391
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ