ケータイ辞書JLogosロゴ 折立村(近世)


岐阜県>岐阜市

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国方県【かたがた】郡のうち。枝村に三股がある。尾張藩家老駒塚石河氏知行地。村高は「慶長郷牒」「正保郷帳」「天保郷帳」907石余,「旧高旧領」130石余。「濃州徇行記」によれば当村は,戸数71・人口322,馬18。神社に鎮守の五霊神社・吉野神社・神明社,寺に浄土宗広大山超勝寺がある。明治4年岐阜県に所属。同14年の戸数83・人口423で総反別82町歩余,産物は米350石余・大小麦125石のほか牛房・大豆・粟・黍・稗・茄子・蕎麦・菜種・唐豆・麻・藍葉・楮皮・蘿蔔(大根)など多種に及ぶ(町村略誌)。同24年の濃尾地震では総人口458のうち死傷者12,総戸数85のうち全壊43・半壊42(震災誌附1)。同30年稲葉郡鵜飼【うかい】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343411
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ