ケータイ辞書JLogosロゴ 戒仏村(近世)


岐阜県>八幡町

江戸期〜明治8年の村名美濃国郡上【ぐじよう】郡のうち皆仏とも書いた吉田川支流小駄良【こだら】川最奥地の集落で,周囲を山に囲まれた山村郡上藩領村高61石余(うち田18石余・畑43石余),宝暦期の村高覚帳では39石余と減少,「天保郷帳」41石余宝暦期の戸数8,明治5年の村明細帳の戸数10・人口62,馬12匹(郡上郡史)安永2年「郡上領地留記」に大豆・稗・渋が課役され,そのほか綿・ワラビ・フキ・干栗・飼葉品々・莚などの物産があった鎮守は白山神社(郡上郡史)明治4年岐阜県に所属同8年河鹿【かじか】村の字となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343435
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ