ケータイ辞書JLogosロゴ 加賀野井郷(中世)


岐阜県>羽島市

 織豊期に見える郷村名。尾張国中島郡のうち。本能寺の変後尾張を領国とした織田信雄は,天正11年当地に居住する加賀野井弥八に「四百拾五貫文 かゝの井ノ郷」を宛行っている。翌12年の小牧・長久手の戦で羽柴方に加賀野井城を攻め落とされたため,当地は不知行となり,弥八は尾張国知多郡内に替地を支給された(織田信雄分限帳など)。次いで同年6月21日,羽柴秀吉は毛利広盛に新知分として「四百八拾貫文加賀野井」などを宛行っている(毛利文書)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343450
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ