ケータイ辞書JLogosロゴ 笠松村(近世)


岐阜県>笠松町

 江戸期〜明治22年の村名。美濃国羽栗郡のうち。幕府領。尾張国葉栗郡宝江村の村民が開発。「慶長郷牒」では「ほうゑ村 食村 徳田村 なかす共に」野年貢15石余,「正保郷帳」では笠町村分のみ野年貢30石を記す。延宝7年はじめて検地が行われ村高380石余。「天保郷帳」では388石余。笠松陣屋の設置後は名古屋街道筋にあたり,4日・9日の六斎市も始まった。享保6年の村明細帳によると大麦約25町歩・小麦約8町歩を田に蒔き,畑方夏作に稗19町歩・里芋6町歩・粟2町歩・黍1.5町歩等を作付,ほかに御膳籾・繭を生産。文化7年の村明細帳では家数492・人数2,017,うち僧5・山伏2・医師3・鍛冶屋1・紺屋4・左官2・大工7・木挽1・肴問屋1・髪結2・船持17など。また木曽川でアユを採取。岐阜へ行く往還路には土橋3基,ほかに下本町・新町に板橋,上本町・宮地町に石橋があった。隣接する田代村地内に対岸尾張小牧村への渡船場があり,下堤町の諸荷物問屋では,下流伊勢方面や上流黒瀬方面への荷物を取り扱った。また天保8年には下浦町・上堤町・下堤町・徳田分町に荷物の川揚げや積込みをする仲仕が居住。また伊勢神宮へぬけ参りやおかげ参りに行く際には笠松の川港より乗船した。寺社に正保3年勧請の大梵天王社,真宗大谷派の盛泉寺・福証寺・法伝寺(法明坊を改称),臨済宗妙心寺派瑞応寺・日蓮宗蓮国寺などがある。盛泉寺は元和9年西町に建立,瑞応寺は寛文4年下新町に建立。宝暦12年,岐阜の岡本太右衛門の手で鋳造された梵鐘を八幡町の蓮国寺でつくようになった。この鐘は千種【ちぐさ】郡代以下支配下の村々の浄財を集めて鋳造した鐘で,笠松三郷の時の鐘でもあった。明和5年には,時の鐘を発願した蓮国寺の日周師が本堂前にむくげ塚と呼ばれる松尾芭蕉の句碑を建立。寛保の頃,白浪五人男の1人日本左衛門が隠れていたという。下新町善光寺には笠松陣屋の平屋があり,笞刑は上新町の北はずれで行われた。当村に郷宿が天保期8軒,明治期14軒あり,吟味中の宿預け,公事出入・用事出入の足溜り,陣屋への案内,小金の融通,内済取噯人の世話などをした。明治2年の家数570・人数1,340。同4年岐阜県に所属。旧笠松陣屋には笠松県庁・岐阜県庁が置かれたが,同6年岐阜町へ移転。同5年天王町の東本願寺掛所と下新町の瑞応寺に育英義校(明治13年笠松学校と改称)を設置,同校は同8年羽栗・中島両郡の模範校に指定。同8年徳田新田・奈良津新田を合併。同10年警察署笠松分署開設(同13年笠松警察署となる)。同5年本町に設置された笠松郵便取扱所は同8年三等郵便局に昇格。同12年羽栗中島郡役所設置,同14年笠松銀行創立。同22年町制施行し,羽栗郡の自治体名となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343507
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ