ケータイ辞書JLogosロゴ 笠松町(近代)


岐阜県>笠松町

 明治22年〜現在の羽島郡の自治体名。はじめ羽栗郡,明治30年からは羽島郡に所属。役場を字県町に置く。町制施行時,江戸期の徳田新田を上相生【かみあいおい】町,奈良津新田を奈良町にするなど,若干の字名の改称が行われた。また明治43年松枝村大字田代【でんだい】字柳原を合併。大正14年柳津村の一部(柳側町)を合併。昭和25年羽島郡松枝村,同30年羽島郡下羽栗村を合併し現町域を確定。明治24年の濃尾地震では死傷者408,総戸数1,005戸のうち全壊593・半壊25・全焼387と全滅に近い打撃を受け,当時笠松学校となっていた旧笠松陣屋も崩壊した。明治40年電話線開通。同43年木橋の木曽川橋架橋。大正2年美濃電気軌道によって新岐阜〜二見町間に電車が開通。同10年竹ケ鼻軽便鉄道敷設により天王町に西笠松駅開業。のち昭和3年からは名古屋〜新岐阜間のバス乗継駅となったが,同10年名岐線が全線開通してからは廃止され,戦後は大型貨物を取扱った。同4年町役場新庁舎を建築。同5年若葉町に笠松競馬場を開設。当地は美濃織物の原産地で美濃縞同業組合・呉服染物業・縞置継商・織物買継商のほか綿糸染料商・薬種染料など機業関係の職種が多く見られる。昭和元年の農業人口は戸数118・人口596,牛9匹・馬14匹,米・麦・甘藷・大豆・蜜柑・生糸を生産。ほかに繊維工業105・土木建築業36・印刷業3・物品販売業424・媒介周旋業5・金融保険業3・宿屋飲食店39など。昭和11年の戸数1,547・人口8,386,田50町余・畑25町余・宅地37町余・山林原野1町余,米・麦・甘藷・大豆・柿などを産し,織物の生産額約204万円。大正13年常盤町に県立第一工業学校(昭和23年岐阜工業高等学校と改称)認可,同14年同校敷地内に織物・繊維工業関係の研究を行う県立工業試験場(昭和47年北及に移転,現在の岐阜県工業技術センター)が岐阜市より移転。昭和15年,町内に字名改称・地番整理が行われた。同23年から弥生町および如月【きさらぎ】町地内に新制笠松中学校建設。同10年私立笠松保育園,同30年町立笠松第一保育所開設。同23年司町に中央公民館創立(同49年常盤町に新築移転)。女子受刑者のための「格子なき牢獄」といわれる笠松刑務所は,同23年中川町に笠松女子職業学園として発足(翌24年改称)。木曽川橋は昭和12年長さ約460m,有効幅員9mの鋼拱橋となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343508
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ