ケータイ辞書JLogosロゴ 方県村(近代)


岐阜県>岐阜市

 明治30年〜昭和25年の稲葉郡の自治体名。方県郡の安食【あじき】・佐野・岩利【いわり】・彦坂・石谷【いしがい】5か村が合併して成立。旧村名を継承した5大字と大字村山が成立。明治36年方県尋常小学校を東浦に新築落成。同44年方県青年団結成。明治後期県の奨励により,当村からも北海道への集団移住が行われた。大正7年米騒動および小作争議が盛んとなる。同12年電灯がつく。同13年方県教育会設立。同15年方県青年訓練所開設。昭和11年の戸数405・人口2,357,マツタケ・シイタケ6,345円,酒1万500円などを産出。同20年石谷地区と村山地区の間に飛行機格納壕をつくるため,村内1戸から1人の奉仕作業員が動員された。同25年岐阜市に編入,村制時の6大字は岐阜市の大字に継承された。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343544
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ