ケータイ辞書JLogosロゴ 賀野(中世)


岐阜県>海津町

 南北朝期から見える地名。尾張国中島郡のうち。貞治6年12月9日付の妙興寺宛荒尾泰隆寄進状に見える「尾張国中嶋郡賀野御厨内飯柄郷」は当地か(妙興寺文書)。織豊期に入り,尾張を領国とした織田信雄は天正10年12月晦日,吉村氏吉に本領安堵に加え「新知分」として「かの」など4か所を宛行い,次いで翌11年9月朔日付の宛行状「合拾四ケ条三千貫余」のうちにも見え,さらに同14年7月23日「都合四千八百拾九貫五拾壱文」を宛行われ,その目録に「六百六拾四貫文 かのゝ郷」と記載されている(吉村文書)。天正14年6月の大洪水による木曽川の河道移動で,のち美濃国のうちとなる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343619
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ