ケータイ辞書JLogosロゴ 神淵村(近代)


岐阜県>七宗町

 明治6年〜昭和30年の自治体名。はじめ武儀郡,昭和27年からは加茂郡に所属。杉洞・万場・葉津・八日市・中切・寺洞・大橋・大塚・間見・奥田10か村が合併して成立。明治6年明方義校,開蒙義校開設,同36年神淵尋常高等小学校となる。明治7年朝張郵便取扱所が開設,同19年郵便局と改称,同42年神淵郵便局となる。同44年電話開通,明治18年飛騨街道改修開通,翌19年名古屋街道開通,明治31年村役場新築。大正12年の戸数760・人口4,350(神淵八十年史)。同13年神淵川水力電気株式会社設立。同13年高山線上麻生駅まで乗合バス開通。昭和11年の戸数750・人口4,380,木炭6万5,785貫,マツタケ・シイタケ5,120貫を生産。同27年神淵村の一部(元国有林)を武儀郡菅田【すがた】町に編入。同30年加茂郡七宗村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343638
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ