ケータイ辞書JLogosロゴ 上加納村(近世)


岐阜県>岐阜市

 江戸期〜明治36年の村名。厚見郡のうち。明治5年まで村内は東・西・南・北加納村および御園町に分かれる。加納藩領。村高は「慶長郷牒」「正保郷帳」2,451石余,「天保郷帳」「旧高旧領」2,570石余。「正保郷帳」には御園村148石余,また「旧高旧領」には村高のほかに旧藩調漏として,伊勢神領3石余・光国寺領4石余・溝旗社領4斗が見える。助郷は元禄7年より中山道加納宿に出役。延享4年,西加納村の兵十郎と東加納村の伊兵衛が頭分の助右衛門名字を名乗ったことに端を発した「上加納百姓系図論」が起こっている。天保6年当村の火消組は,近隣の尾張藩領今泉村の火消組と相互に共同で火消しを行う取り決めをしている(岐阜市史)。寺に臨済宗金宝山瑞竜寺とその塔頭雲竜院・瑞徴院・開善院など8か寺がある。明治4年岐阜県に所属。「町村略誌」によれば,戸数747・人口3,300,物産に米・大麦・傘・縮緬,また名産に柿がある。同22年ほぼ北半部が岐阜市に編入。同24年の濃尾地震では総人口1,538のうち死傷者38,総戸数400のうち全壊177・半壊223(震災誌附1)。同30年稲葉郡に所属。同36年岐阜市の大字稲葉となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343708
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ