ケータイ辞書JLogosロゴ 川口村(近世)


岐阜県>羽島市

 江戸期〜明治8年の村名。美濃国羽栗【はぐり】郡のうち。はじめ稲葉正成知行地,元禄5年からは尾張藩領。村高は「正保郷帳」では168石余(うち田方96石余・畑方73石余)で,以後変化はない。足近【あぢか】輪中のうち(徳川治水記)。「濃陽徇行記」によると,当村は東西2町・南北1町。戸数37・人口156,馬2頭。田畑10町余。名古屋へは7里。集落は南の逆川堤沿いにある。助郷は美濃路墨俣【すのまた】宿に出役。鎮守は八幡神社。明治4年岐阜県に所属。同5年の村明細帳の戸数42・人口235。同8年隣接の天王森【てんのうもり】村と合併し,川森村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343845
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ