ケータイ辞書JLogosロゴ 岸奥村(近世)


岐阜県>宮川村

 江戸期〜明治8年の村名。飛騨国吉城【よしき】郡小島【こじま】郷のうち。天正14年から金森氏領,元禄5年からは幕府領。「慶長三郡高帳」の村高は7石余,「元禄検地帳」では9石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ではともに17石余。「後風土記」によれば家数4・人数20,産物は米4石余・稗26石・大麦6石余・小麦4斗・大豆1石余・小豆6斗・粟1石余・蕎麦8斗・荏1石余・菜種8斗・畑芋1石余・白芋8石余・桑葉400貫目・麻緒12貫目・楮14貫目・漆実26貫目・烟草60貫目・栗8斗・橡1石余・楢5斗・繭15貫目・布3疋。産土神は隣村の林村に鎮座の3社諸神。地蔵堂がある。地内の宮川には嫁淵【よめがふち】と称される淵があり,往古,当村の孫右衛門という者の嫁があまりに美しく奇異の事が多かったため,村民は申し合せて怪しんだ。その結果,嫁が耐えきれず身を投げて沈んだ淵と伝える。南方落合村へは30町,北方野首【のくび】村へは10町,高山へは7里半余りの道程であった。明治8年坂上【さかがみ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7343892
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ