ケータイ辞書JLogosロゴ 泳(古代)


岐阜県>可児市

 奈良期に見える地名。美濃国のうち。「日本書紀」によれば,景行天皇は即位4年に,八坂入彦皇子の娘弟媛をめとって美濃に行幸,泳宮に居したが,弟媛が辞退したためその姉八坂入媛を妃としたという。「万葉集」巻13には,この伝承をふまえた長歌が収められており,そこでは「八十一隣【くくり】之宮」とされている。現在の可児市久々利はその遺名であると伝え,可児川の源流部には八坂入彦命の墓と伝えるものがある。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7344020
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ