ケータイ辞書JLogosロゴ 栗木村(近世)


岐阜県>笠松町

江戸期〜明治8年の村名美濃国羽栗【はぐり】郡のうち尾張藩領村高は「慶長郷牒」「正保郷帳」で132石,「天保郷帳」で135石余,「旧高旧領」では132石東は薬師寺村,南は木曽川,西は奈良津新田,北は徳田村に隣接「濃州徇行記」によると当村は,たび重なる水損により,寛政年間の実際の高は約8石で,家数3・人数18・馬1匹であった明治元年より中山道伏見宿の助郷に出役同5年の村明細帳では,家数5,人数男8・女11で計19,農間稼ぎに男は藁仕事,女は糸引きをしたまた木曽川の堤の長さ46間半,板橋4神社に八幡宮・琴平宮がある同4年岐阜県に所属同8年円城寺村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7344108
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ