ケータイ辞書JLogosロゴ 桑ケ谷村(近世)


岐阜県>宮川村

江戸期〜明治7年の村名飛騨国吉城【よしき】郡小鷹狩【こたかり】郷のうち飛騨川の流域に位置する村名の由来は「此村の谷辺は,桑のよく繁茂れる地理なれば,諸村の民等見て,此の如く称ける故,村名に成りしなるべし」という(後風土記)天正14年から金森氏領,元禄5年からは幕府領「元禄検地帳」の村高は19石余,「天保郷帳」「旧高旧領」では30石余「後風土記」によれば,家数11・人数80余,産物は米23石・稗50石・大麦20石・小麦2石・大豆5石・荏4石・菜種1石1斗・楮170貫目・繭150貫目・真綿5把・生糸30把・油2石2斗・蝋10貫目・山鳥2羽・雉3羽・小鳥10羽・年魚1,000尾・ハエ200尾・ウグイ200尾産土神は山神社と若宮八幡宮村の東方は宮川の籠の渡しで禰宜ケ沢上【ねがそうれ】村へ5町,北方は杉原村へ8町,南方は小野【この】村へ8町,高山へは11里半余明治7年小野村と合併,桑野村となり,翌8年坂下【さかしも】村桑野となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7344153
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ