ケータイ辞書JLogosロゴ 顔戸村(近世)


岐阜県>御嵩町

 江戸期〜明治22年の村名。美濃国可児郡のうち。明知村が分村して成立。はじめ幕府領,元和元年より尾張藩領。「慶長郷牒」「天保郷帳」「旧高旧領」の村高は474石余。寛政年間には482石余(うち123石余内藤波江,45石余松井小十郎の給地,残余は直轄領)。家数80・人口320,馬4匹。農業を主とし稲作は晩稲が多く,田麦は7分通り蒔付け木綿のほか,大豆・小豆を生産(濃州徇行記)。中山道御嵩【みたけ】宿の助郷村。明治5年の村明細帳の戸数87・人口346。恵観寺は灯明山と号し真言宗高野山無量寿院の末寺。八幡神社大門の西にあったが明治4年廃寺となる。明治4年岐阜県に所属。同22年中村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7344205
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ