ケータイ辞書JLogosロゴ 三川原村(近世)


岐阜県>宮川村

 江戸期〜明治8年の村名。飛騨国吉城【よしき】郡小鷹狩【こたかり】郷のうち。天正14年から金森氏領,元禄5年からは幕府領。「慶長三郡高帳」の村高は35石余,「元禄検地帳」では46石余,「天保郷帳」「旧高旧領」では70石余。「後風土記」によれば,当村は縦7町30間・横2町,高70石余で焼畑が6町3反余あり,家数27・人数140。産物は米3石・稗50石・大麦30石・小麦4石・大豆6石・繭155貫目・荏10石・菜種10石・楮300貫目・猪20頭・年魚1万2,000尾・鰻2貫目・独活。産土神は八幡宮と貴布禰社。他に虚空蔵堂・高山照蓮寺末道場が各1宇。村より東方巣之内【すのうち】村へは宮川渡船で10町,南方の高牧【たかまき】村へは半里,北方の打保【うつぼ】村へは文道寺峠越で1里30町,高山へは9里余。文道寺峠は,高山・古川より越中への往還で,峠の中央は三川原・打保両村の境界をなし,当村の村はずれの登り口には文道寺の廃寺跡があった。明治8年坂上【さかがみ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7344488
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ