ケータイ辞書JLogosロゴ 塩屋村(近世)


岐阜県>宮川村

 江戸期〜明治8年の村名。飛騨国吉城【よしき】郡小島【こじま】郷のうち。天正14年から金森氏領,元禄5年からは幕府領。枝村に舟渡【ふなど】(舟処)がある。「元禄検地帳」の村高は40石余,「天保郷帳」「旧高旧領」では63石余。「後風土記」によれば家数15・人数90余,産物は米5石・稗13石・麦19石・蕎麦4石余・粟8石2斗余・小豆11石・大豆6石余・黍3石余・荏1石余・菜種4斗余・桑1,600貫目・麻25貫目・楮150貫目・茅30束・繭90貫目・生糸900目・布30疋・串柿30束・山鳥8・年魚300・ヤマベ200・ウグイ100。産土神は塩釜明神社。摂社に男茎形社があり,傍らに観音堂があった。男茎形社は俗にかなまらさま・金勢明神と称し,古来諸人の下腹部の病を治す神,また安産の神として信仰され,越中国新川・婦負【ねい】両郡の村々からも参詣者があった。村より東方の山之山【やまのやま】村へは半里,西方は枝村舟渡から籠の渡しで打保【うつぼ】村へ3町,北方中沢上【なかぞうれ】村へ8町,南方は種蔵【たなぐら】村のうち大瀬へ1里半,高山へは11里余。明治8年坂下【さかしも】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7344519
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ