ケータイ辞書JLogosロゴ 印食新田(近世)


岐阜県>岐南町

江戸期〜明治8年の村名美濃国羽栗【はぐり】郡のうち下印食村の新田慶長期,大久保石見守支配の小物成場で「ほうえ野・食野・徳田野・ならず共」野年貢米15石2斗を上納した(慶長郷牒)当新田は下印食村の新開村で(新撰美濃志),延宝7年の検地で村高が確定され,「元禄郷帳」に記される文化12年の村明細帳では村高126石余,小松林役永を上納,家数10・人数35明治2年の村明細帳では家数16・人数76社寺に弁財天・神明宮・津島社がある明治4年岐阜県に所属同8年徳田村の一部となり,以後当地は江尻と称される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7344525
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ