ケータイ辞書JLogosロゴ 下牛牧村(近世)


岐阜県>穂積町

江戸期の村名長良【ながら】川の支流犀【さい】川西岸に位置する幕府領村高は「慶長郷牒」「元和領知改帳」共に1,563石余南は犀川の堤で囲まれ,牛牧輪中の最南端の低地である当村は,連年の水害で米の収穫はほとんどなく,村の貢租は2〜3割程度が通例とされていた(穂積町史)鎮守は八幡神社寺に広讃寺があったのち牛牧村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7344613
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ