ケータイ辞書JLogosロゴ 瀬田村(近世)


岐阜県>可児市

 江戸期〜明治22年の村名。美濃国可児【かに】郡のうち。明知【あけち】村が正保以降分村して成立。「天保郷帳」の村高1,250石余,「旧高旧領」1,251石余,村内は上・中・下の3組に分かれ,上瀬田は尾張藩領・高270石余,中瀬田は幕府領笠松郡代支配地・高583石余,下瀬田は旗本下郷妻木氏知行地・高396石余。中山道御嵩【みたけ】宿の助郷村。天明8年中瀬田村明細帳の戸数38・人口131。「濃州徇行記」によると寛政年間の尾張藩領の戸数30・人口140,馬4匹。明治2年下瀬田村明細帳の戸数35・人口149。明治5年上瀬田村明細帳の戸数31・人口130。田面は足洞・北洞・初崎・前田面・沖田面がある。用水は雨池と可児川より引水。雨池は足洞に2つ,北洞1,そのうち尾張藩領付が1あり水懸りはよい。明治4年岐阜県に所属。同22年広見村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7344949
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ