ケータイ辞書JLogosロゴ 瀬戸村(近世)


岐阜県>下呂町

 江戸期〜明治8年の村名。飛騨国益田郡麻生郷,のち下原郷のうち。天正14年より金森氏領,元禄5年以降は幕府領。郡上【ぐじよう】郡長滝寺実蔵坊の慶長10年の飛騨檀那目録に「せと」とあるのが初見(経聞坊文書)。「元禄検地帳」の村高3石余,「天保郷帳」8石余。「国中案内」の家数6・田畑反別1町7反余。「後風土記」では家数13・人数94,産物は穀類のほか大繭20貫目・小繭86貫目・楮40貫目・茶35貫目・真綿1貫目・生糸37把・紬縞5反・糸入縞7反・串柿63連・ズイキ30貫目・猪2・鹿3・山鳥15・川魚など。東は対岸和佐村焼石【やけいし】へ益田川幅50間を越す渡船を経て半里,南は三ツ淵村へ28町,北は保井戸【ほいど】村へ半里余,高山町へは16里余。鎮守は八幡神社。村内字池の野の往還下,益田川西岸に孝子池がある。往古門原村に左近なる孝子があり,重病の母が飲みたいという琵琶湖の水を汲んで帰村したが,当地に至り母の死を聞き水のこぼれるのも知らず泣き伏した。その水が池となったと伝える。明治8年下原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7344953
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ