ケータイ辞書JLogosロゴ 月ケ瀬村(近世)


岐阜県>河合村

 江戸期〜明治8年の村名。飛騨国吉城郡小鷹狩【こたかり】郷のうち。天正14年から金森氏領,元禄5年からは幕府領。「慶長三郡高帳」の村高は12石余,「元禄検地帳」では39石余,「天保郷帳」では48石余,「旧高旧領」によれば高山郡代支配所48石余・善教寺除地1斗余。「国中案内」では村高40石余・家数16軒。「後風土記」によれば,当村は縦6町30間・横1町。焼畑が9反余あり,家数16・人数70余。産物は米16石余・稗104石余・大麦10石余・小麦2石余・大豆16石余・荏7斗余・菜種3斗余・楮67貫目・大繭小繭165貫余・布10疋・硝石130貫目・葛粉など。村の東方・西方とも山,南方は保【ほ】へ18町,北方は天生へ3里,元田【げんだ】へ30町で,高山へ8里半であった。村内には産土神の白山社,高山照蓮寺末古義真言宗善教寺や飛騨匠がはじめて架けたという撥【はね】板橋があった。安政5年2月山中大地震の被害は軽微であった。明治8年河合村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7345292
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ