ケータイ辞書JLogosロゴ 徳田村(近世)


岐阜県>岐南町

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国羽栗【はぐり】郡のうち。はじめ黒野城主加藤左衛門尉真泰領。元和年間に至って村高640石のうち220.5石余は岡田将監善同の領地,419.4石余は本郷城主稲葉内匠正成の領地。その後岡田領は幕府領となり,稲葉領は元和5年尾張藩領となる。当村は上徳田と下徳田に分けられ,上徳田は尾張藩領と幕府領が混在し,下徳田はすべて幕府領である。村高は「慶長郷牒」640石,「正保郷帳」644石余,「天保郷帳」783石余,「旧高旧領」727石余。尾張藩領における明暦年間の人数153(美濃国尾州領村々覚),宝暦年間の家数59・人数284(濃陽志略)。幕府領における文化7年の家数41・人数167(明細帳)。社寺に尾張藩領民の鎮守九所神社,幕府領民の鎮守天神社(北野神社),神明社,臨済宗妙心寺派江月寺・同見性庵がある。江月寺は美濃郡代の祈願所である。尾張藩領民は明治元年より中山道伏見【ふしみ】宿の助郷を勤めた。当村では江戸後期農間に桟留縞・結城縞を織った。「尾濃葉栗見聞集」の著者吉田正直は元文5年当村上徳田・尾張で出生した。明治4年岐阜県に所属。同8年印食【じき】新田を編入。同24年の濃尾地震では全戸数194のうち全壊173・半壊21(震災誌附1)。同30年羽島郡八剣【やつるぎ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7345438
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ