ケータイ辞書JLogosロゴ 土田村(近代)


岐阜県>可児市

 明治22年〜昭和30年の可児郡の自治体名。明治24年の濃尾地震では総戸数300のうち全壊25・半壊102(震災誌附1)。大正14年犬山へ至る名古屋鉄道が開通し,可児川駅が設置された。昭和11年の戸数345・人口1,810,田85町余・畑176町余・宅地5万2,118坪・山林96町余・原野23町余。主要産物は繭・鶏・甘藷・里芋・大根・乾うどんなど。昭和30年久々利【くくり】村・平牧村・広見町・帷子【かたびら】村・今渡町・春里【はるさと】村の2町4か村と合併,可児町の成立に伴いその大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7345460
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ