ケータイ辞書JLogosロゴ 長滝村(近世)


岐阜県>伊自良村

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国山県郡のうち。はじめ伊自良村のうち,江戸中期分村独立する。枝村に富山村がある。尾張藩領。村高は「天保郷帳」「旧高旧領」310石。明治2年の家数86・人数346,農間は男女とも炭薪による山稼ぎ。当村は,古くから旱魃に悩まされ,近隣村々を含めた雨乞い行事が行われている。雨乞い訴願の対象に釜ケ谷山や伊勢の多度神社がある。明治4年岐阜県に所属。同24年の濃尾地震では,総戸数77のうち全壊23・半壊54。同30年上伊自良村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7345636
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ