ケータイ辞書JLogosロゴ 西神野村(近世)


岐阜県>関市

 江戸期〜明治22年の村名。美濃国武儀【むぎ】郡のうち。慶長6年金森長近氏領となるが,金森氏改易により幕府領大久保石見守支配となり,元和2年からは尾張藩領。村高は397石余。慶安4年の人口339人・馬25匹(美濃国尾張領村々覚書)。「濃陽志略」では106戸・428人,寺社は香林寺・常栄寺・不動堂・八社大明神など。「濃州徇行記」によると92戸・377人・馬24匹,田21町9反余・畑9町1反余で,小百姓が多い。3か所の溜池を利用。米・麦の諸作のほかに養蚕に従事。農間には神野の藤谷【ふじたに】・今谷【いまだに】の山を請けて薪を取り,売り出した。肥料として「下かわ灰」を小瀬【おぜ】村の問屋などから仕入れて使用し,また山草・荏粕も使用。明治4年岐阜県に所属。同5年の村明細帳によると88戸・357人・馬12匹,村高524石余,田23町1反余・畑9町2反余,職人として馬喰・木職・大工職4人。寺社に香林寺・常栄寺・観音堂・八剣神社など5社がある。「町村略誌」では90戸・415人・馬20匹,田35町9反余・畑15町1反余(民有地),米301石・大麦189石・甘藷2,144貫・里芋1,002貫・松茸240貫を産出。明治22年富野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7345845
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ