ケータイ辞書JLogosロゴ 西津汲村(近世)


岐阜県>久瀬村

 江戸期〜明治30年の村名。中世の「つくミ村」の地を元和〜正保年間に改称して成立した村。美濃国池田郡のうち。大垣藩領。枝郷に九戸坂・森下があった。村高は「慶長郷牒」「元和領知改帳」ではいずれも121石余,「正保郷帳」で134石余,その後新開が進み「天保郷帳」では286石余と増加。明治5年の明細村鑑帳によれば,田方反別2町余・畑方反別22町余とあり,畑方に新田開発地67石余が加えられてはいるが,畑がちの山村である。戸数と人口は,明和元年76戸・341人,文政2年97戸・412人,安政4年96戸・425人,明治5年99戸・520人,同22年132戸・638人と増加。明治14年の物産に米162石余・大麦151石余・小麦1石余・黍7石余・粟5石余・繭1,189斤・生糸159斤・麻250斤・茶7,529斤・藍葉330斤・葉煙草250斤・菜種9石余・楮皮2,025斤・美濃紙類1,048束・塵紙類45束・鮎35貫がある。社寺に,村鎮守の住吉神社,真宗大谷派西向寺・真宗高田派正業寺がある。明治4年岐阜県に所属。同24年の濃尾地震による被害は全壊2・半壊4(震災誌附1)。同30年揖斐郡久瀬【くぜ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7345874
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ