ケータイ辞書JLogosロゴ 東田原村(近世)


岐阜県>関市

 江戸期〜明治30年の村名。加茂郡のうち。はじめ西尾豊後守西尾氏領,のち幕府領。「慶長郷牒」552石余,「元和領知改帳」では西尾氏知行552石余・幕府領94石余。「旧高旧領」では幕府領647石余。文化12年の高反別明細帳によると60戸・248人・馬3匹,田34町6反余・畑17町4反余。氏神は八幡宮。明治2年の村明細帳では59戸・269人・馬3匹,田34町6反余・畑17町4反余。溜池4か所・汲井戸200余か所。寺院は大通寺,神社は八幡神社ほか5社。明治4年岐阜県に所属。「町村略誌」では69戸・338人・馬19匹,民有地は田45町2反余・畑21町3反余,米304石・大麦88石・果物350貫・実綿227貫・薪3万300束を生産。明治24年の濃尾地震では総戸数62戸のうち全壊11戸・半壊51戸(震災誌附1)。同30年田原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7346234
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ