ケータイ辞書JLogosロゴ 東津汲村(近世)


岐阜県>久瀬村

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国大野郡のうち。大垣藩領。枝村に樒平【しきびだいら】村がある。村高は「慶長郷牒」「元和領知改帳」「正保郷帳」ではいずれも91石余,「天保郷帳」で166石余。明治5年の明細村鑑帳によれば,村高156石余のうち畑高132石余・反別19町余で,他に紙桑高・山高があり,田方はない。農間余業に養蚕・山稼ぎがあった。戸数と人口は,明和元年48戸・219人,文政2年52戸・210人,安政4年53戸・258人,明治5年57戸・290人と漸増。社寺に村鎮守の白髭神社と真宗高田派の即現寺・等覚寺がある。また,枝郷樒平村は,元禄12年の「美濃国小嶋西北山筋之内枝郷之帳控」(久瀬村誌資料)によれば,「元禄3年村居有之家壱軒」とあり反別1町余,明治5年には高9石5斗で,屋敷高約9斗を除き残余は皆畑,家6軒・人口21人,鎮守は津島神社,明治初期まで乙原【おとはら】村境の石灰を採掘・焼成していた。明治4年岐阜県に所属。同8年樫原【かしばら】村と合併津原村となったが,同15年再度分村,同22年池田郡に所属。同24年の濃尾地震では戸数70のうち全壊3・半壊7。同30年揖斐郡久瀬【くぜ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7346236
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ