ケータイ辞書JLogosロゴ 日坂村(近世)


岐阜県>久瀬村

 江戸期〜明治30年の村名。池田郡のうち。大垣藩領。村高は「慶長郷牒」「元和領知改帳」ではともに101石余,「正保郷帳」で171石余,うち田方72石余・畑方84石余,ほか山年貢10石・紙桑木高4石余,「天保郷帳」では387石余。明治5年の明細村鑑帳によれば,当村は明治前期に日坂上村と日坂下村の西村に分かれ,上村の村高258石余(うち田高122石余・畑高125石余),下村の村高131石余(うち田高37石余・畑高75石余)で,両村合計高390石余。戸数と人数は,明和元年97戸・479人,文政2年79戸・373人,安政4年76戸・369人,明治5年上村43戸・下村32戸で計75戸,上村229人・下村168人で計397人。神社は村鎮守に上村の春日神社,下村の八幡神社があり,ほかに田村神社がある。寺院は上村に曹洞宗長国寺,下村に真宗大谷派善重寺がある。明治4年岐阜県に所属。同30年揖斐【いび】郡久瀬【くぜ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7346280
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ