ケータイ辞書JLogosロゴ 肥田瀬村(近世)


岐阜県>関市

 江戸期〜明治30年の村名。加茂郡のうち。はじめ西尾豊後守光教領,元和9年西尾家断絶後,養子主水が別家(中之元西尾氏)を立て当村の一部を領有,残余は寛文2年から天和3年まで上野館林【たてばやし】藩領となる以外は幕府領。ほかに少林寺領5石。村高は「慶長郷牒」1,029石余,「正保郷帳」1,034石余。安永9年の検地によって幕府領分に伊左衛門新田1町6反余・9石余,庄八・又右衛門新田2町4反余・16石余が成立。「天保郷帳」の村高1,081石余。文化7年の村差出帳(幕府領分)によると144戸・651人・馬9匹・牛9匹,田46町6反余(麦田25町2反余・さらし田18町余・沼田3町4反余)・畑18町7反余。本村と鋳物師屋【いもじや】・市平賀【いちひらが】の3か村立会用水で,大平賀村から取水して耕作。農間職人として大工1人・大鋸木挽2人,太田道・加治田【かじた】道に渡船2艘(持主4人)がおり,出水のとき活躍した。また太田道・加治田道・勝山道に橋があり,橋守は6人。寺社は少林寺・寿福寺・観音堂(暁堂庵)・阿弥陀堂・玄知庵・伊儀大明神社(宝勝院)・十王堂(覚宝院)など。明治2年の村明細帳では153戸・762人・馬10匹,田67町余・畑25町余。明治4年岐阜県に所属。「町村略誌」によれば,186戸・903人・馬60匹,田123町5反余・畑16町6反余(民有地),米1,012石・大麦432石・実綿564貫・果物658貫・蔬菜1万350貫を生産。明治24年の濃尾地震では総戸数182戸・総人口1,003人のうち全壊46戸・半壊128戸(震災誌附1)。明治30年富岡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7346290
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ