ケータイ辞書JLogosロゴ 広見村(近世)


岐阜県>関市

 江戸期〜明治30年の村名。武儀郡のうち。はじめ幕府領大久保石見守支配地,のち岡田将監支配となり,元和5年からは尾張藩領。村高は「慶長郷牒」548石余,「正保郷帳」「天保郷帳」561石余。元禄15年100石,正徳3年140石を阿部肥前の采地とし,明和2年には74石余を鏡島小兵衛の采地とした(濃州徇行記)。慶安4年の人口460・馬51(美濃国尾張領村々覚書)。「濃陽志略」では140戸・560人。寺院は臨済宗黄梅山長春寺・同寺の末寺の広見山高徳寺・同宗集雲山松見寺(尼寺)がある。春日明神祠など12祠を村民で奉祀。「濃州徇行記」によると98戸・453人・馬58匹・牛2匹。高944石余(田畑72町9反余)のうち,尾張徳川家御蔵入分629石余(田畑49町2反余)であるが,引高が多く残高563石余で,田31町7反余・畑12町6反余を耕作,他に阿部氏采地240石(田畑17町6反)・鏡島氏采地74.5石(田畑6町余)があった。集落は水上・刎・石原など7組に分かれ,小百姓が多く,田の半分は平坦部で用水掛り,半分は山ぎわで,天水待で旱損所。武儀川が以前より東に川瀬をつけ,定引など引高が多い。晩稲を多く作るが,池尻・宮上村へ小作に出る。養蚕・製茶・紙漉を少し営む。また年間55両ほど商う瓦焼きがいた。農間に莚を編み,90両ほど売り出している。明治4年岐阜県に所属。明治5年の村明細帳によると,121戸・542人・馬50匹で,田67町6反余・畑22町2反余。職人は大工・瓦焼・伯楽の3人がいた。「町村略誌」では142戸・607人(うち職人7),馬57匹。田77町6反余・畑22町9反余(民有地),米699石・大麦375石余を産出。明治30年南武芸【みなみむげ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7346377
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ