ケータイ辞書JLogosロゴ 日和田村(近世)


岐阜県>高根村

 江戸期〜明治8年の村名。飛騨国益田【ました】郡阿多野【あだの】郷のうち。天正14年から金森氏領,元禄5年からは幕府領。村高は「元禄検地帳」では16石余,「天保郷帳」「旧高旧領」では30石余。「国中案内」によれば村高16石余・家数31軒。「後風土記」によれば家数53・人数340。産物は稗67石余・ソバ22石余・大豆7石余・小豆1石余・粟1石余・蕨粉11石余・小白木600束・檜皮・檜火縄750把・蕨縄550把・菅莚150枚・生馬45頭・熊2頭・熊胆2・猪10頭・山鳥22羽・雉子10羽・石魚3貫目。村の東方は山,西方は御岳,南方は小日和田【こひわだ】へ12町,北方は阿多野郷【あだのごう】で1里半,高山へは12里。御岳の裾野の字池の原には雌池・雄池の2つの池があった。日和田の集落より1里半の所にある雌池は樹木も生い茂り,4月にはオシドリ・カモなどが到来し,名勝地として知られた。また雄池には霊が住んでいるとして村民たちに恐れられた。明治のころまで当村と小日和田村では多くの馬が飼育され,毎年木曽福島の馬市に出されていた。馬喰原家は阿多野郷の大庄屋であったが,その屋敷は明治2年梅村騒動の際に焼失した。明治8年高根村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7346379
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ