ケータイ辞書JLogosロゴ 日原村(近世)


岐阜県>海津町

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国海西【かいさい】郡のうち。はじめ高須藩徳永氏領,寛永5年からは幕府領。村高は「慶長郷牒」900石余,「正保郷帳」では961石余(うち田方499石余・畑方150石余・無地高311石余),池役2朱を上納。寛政8年の村明細帳では,宝暦8年の洪水などにより178石余が川欠や堤敷となり,戸数124(うち本百姓111・水呑13)・人口509(医師1・大工2)・馬6,寺社に鎮守八剣明神・良源寺・正端寺がある。木曽川渡し渡船1・小船5・水抜樋18。酒株米14石の酒屋がある。慶応4年の村明細帳によると,戸数119・人口539・馬2。明治元年より助郷で中山道関ケ原宿に出役。幕末から明治初年にかけて栗田東一郎と正端寺住職の寺子屋があった。明治4年岐阜県に所属。同7年,第3大区第2小区の行政事務所を良源寺に設置。同24年の濃尾地震の被害は全壊19・半壊93(震災誌附1)。同30年海津郡東江【ひがしえ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7346382
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ