ケータイ辞書JLogosロゴ 福江村(近世)


岐阜県>海津町

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国石津郡のうち。尾張藩領石河【いしこ】氏給知。村高は「慶長郷牒」「正保郷帳」135石余,「天保郷帳」では113石余で,ほかに枝村の万寿【まんじゆ】新田137石余,沼一色【ぬまいしき】(沼新田)22石余と無高の本阿弥【ほんなみ】新田(沼村)・松原新田がある。慶安4年の人数182・馬26。堤川除普請は尾張藩が見分。葭野が多く村高中に野年貢22石余を含む(尾州領村々覚帳)。享保19年では村高のうち田方91石余・畑方43石余(輪中聚落地誌)。水損が多く,延享元年から明和元年までの領主取米は多い年で77石余,最悪年は皆無で,平均40石余(海津町史)。村民は土を築き上げた高所に住居を構え,江通りの多い村であるためそれぞれ船を所持。村内は上組・本郷・中無垢里【なかむくり】・角山【かくやま】・大崎に分かれ,寺社には天神社と慶長年間に尾張国中島郡より移転した栄通寺があった(濃陽志略・濃州徇行記)。松原新田は古くは安田帆引【やすだほびき】村と称し,田18町余・畑5町余,うち2町余は池,ほかに7町余の河原がある(濃陽志略)。枝村万寿新田は本村の西南方,揖斐【いび】川沿いにあり,人数83(濃州徇行記)。のち明治初期分離独立。同4年岐阜県石津郡,同13年岐阜県下石津【しもいしづ】郡に所属。同2年から同6年吉原礼助の寺子屋があった。同24年の濃尾地震の被害戸数は,福江村全壊27・半壊120,万寿新田全壊12・半壊24(震災誌附1)。同30年福江村は海津郡大江【おおえ】村,万寿新田は同郡西江【にしえ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7346408
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ