ケータイ辞書JLogosロゴ 藤倉村(近世)


岐阜県>伊自良村

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国山県郡のうち。はじめ伊自良村のうち,江戸中期分村独立する。村高と領主は「天保郷帳」「旧高旧領」335石余,うち幕府領(笠松郡代支配)194石余・岩村藩領141石余。明治2年の戸数75,うち農鍛冶屋1,人口300,馬12匹,高札場13か所。中山道本田村地内の往還掃除を勤め,農間に男は薪作り,女は布木綿おりをした(村明細帳)。同4年岐阜県に所属。同14年の戸数76・人口333,馬14匹(町村略誌)。同24年の濃尾地震では,総戸数78が全壊,総人口370のうち死亡10(震災誌附1)。同30年下伊自良村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7346462
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ