ケータイ辞書JLogosロゴ 洞田村(近世)


岐阜県>伊自良村

 江戸期〜明治30年の村名。美濃国山県郡のうち。はじめ伊自良村のうち,江戸中期分村独立する。岩村藩領。村高は「天保郷帳」「旧高旧領」376石余。天保5年の戸数51(うち高持40・水呑11),人口270,馬10匹,畑は粟・稈・黍・大根等を作り,肥料にかす・干鰯・灰を使用する。明治2年の戸数67・人口298,馬18匹,秣場は釜ケ谷山および生原山,中山道美江寺【みえじ】宿より河渡【ごうど】宿の間で21間1尺の往還掃除,細久手【ほそくて】宿の加助郷を勤める(村明細帳・伊自良誌)。同4年岐阜県に所属。同24年の濃尾地震では総人口374のうち死亡18,総戸数88が全壊(震災誌附1)。同30年下伊自良村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7346641
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ