ケータイ辞書JLogosロゴ 柳町(近世〜近代)


岐阜県>八幡町

江戸期〜現在の町名明治13〜31年は八幡【はちまん】を冠称江戸期は八幡城下の町名吉田川下流右岸,八幡城西麓に位置し,西は殿町に接する延宝2年の八幡城合戦の図には,当町域が「ウラ町」とある大手を中央にして東西に武家屋敷が並び,南端に御作事小屋があった安永・天明ごろ藩主青山幸完が藩校潜竜館(はじめ講堂)を創設(郡上郡史)鎮守は岸剣社,寺院は真宗大谷派安養寺・天台宗善光寺など明治4年岐阜県に所属同5年の戸数51・人口244同22年八幡町の大字となる八幡町の象徴である八幡城は,町内東側の山上にあり,昭和8年大垣城を模して再築された
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7347161
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ