ケータイ辞書JLogosロゴ 柳湊村(近世)


岐阜県>海津町

江戸期〜明治8年の村名美濃国石津郡のうち村名の由来は,源義朝が尾張の野間へ逃れる時,伊尾川の河原で楊枝を切る故事による(新撰美濃志)はじめ高須藩徳永氏領,のち幕府領,元和5年からは尾張藩領村高は「慶長郷牒」で44石余,「正保郷帳」で52石(うち田11石余・畑36石余・野年貢4石),以降幕末まで変わらず慶安4年の人数85・馬6(尾張藩領村々覚書)集落は東小島【ひがしおじま】村境に集まり,伊尾川堤沿いに支村細江がある(濃陽志略)明治元年より助郷で中山道関ケ原宿に出役(県史稿)同4年岐阜県石津郡に所属同5年の本田分高5石余・新田分高42石余戸数36・人数171鎮守に八幡社,寺院に園勝寺があり,大縄場71町余を持つ水場の貧村のため,農間期・水損時には魚鳥を取る鳥運上銀30匁を上納(村明細帳)同8年稲山【いなやま】村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7347162
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ