ケータイ辞書JLogosロゴ 横江(中世)


岐阜県>海津町

織豊期に見える地名尾張国海西郡のうちか吉村氏知行地本能寺の変後,尾張国を版図に入れた織田信雄は天正10年12月晦日,吉村又吉郎氏に「かミきり 秋江 よこゑ せこ」など4か所の本知分を安堵次いで翌11年9月朔日には「よこへ」など14か所で合わせて3,000貫文余を扶助する奉行人連署手形を発給しているさらに同14年7月23日に信雄は吉村氏吉に扶助として4,819貫51文を宛行うが,その知行目録によれば「百八拾壱貫弐百六拾七文 横江 但里無之」と記されており(吉村文書),同14年6月の大洪水による木曽川の河道移動で流失した状態を意味するものか現海津町の秋江・神桐・瀬古付近の長良【ながら】川と木曽川の流路にかつて立地したと考えられる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7347277
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ