ケータイ辞書JLogosロゴ 横町(近世〜近代)


岐阜県>八幡町

江戸期〜大正8年の町名明治13〜31年は八幡【はちまん】を冠称江戸期は八幡城下の町名吉田川の支流小駄良【こだら】川下流左岸に位置し,北は鍛冶屋町,西は本町,南と東は殿町に接する町名の由来は,殿町や本町が縦の町並みであるのに対し,両町をつなぐ横の町並みであったことによる寛文年間八幡町絵図には「大手ヨコ町」とある元禄5年「城下町家帳」に,東西に通る町並みの北側12軒・南側13軒が記され,豆腐屋7・茶屋3・郷通商人2・瀬戸物屋2・大工3ほかに味噌屋・なべや・肴屋・医師など(郡上郡史)西側小駄良川たもとにキコク升形があって,これをくぐって奥筋上保街道に出た天保10年の家数23・人数83(郡上町中人家寄惣目録)文久元年「郡上八幡町中五人組連判帳」に横町は4組31人が連判した明治4年岐阜県に所属明治5年の戸数29・人口113同22年八幡町の大字となる大正8年大火があり全焼,この時町名を正木町に変更
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7347284
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ