ケータイ辞書JLogosロゴ 朝比奈村(近代)


静岡県>岡部町

 明治22年〜昭和30年の志太【しだ】郡の自治体名。明治24年までは朝夷と書いた。羽佐間・殿・新舟・野田沢・宮島・青羽根・玉取の7か村が合併して成立。大字は旧村名を継承。役場を大字新舟に設置。のち大字宮島に移転。明治24年の戸数388・人口2,707,厩60。世帯・人口は大正9年522・3,330,昭和25年631・4,284。明治22年朝比奈尋常小学校開校。明治41・42年に大字殿・玉取・羽佐間・宮島に産業組合が設立される。同43・44年の2度にわたり瀬戸川の水害を受け,近隣の14か町村で明治44年12月瀬戸川水害予防組合を創立。大正元年防水規定を決議し,朝比奈村防水区が制定された。防水区は羽佐間・殿の2組からなる。大正4〜9年の6か年間,瀬戸川一部の改良工事を施行。明治末期〜大正初期にかけて,全戸数の大部分が製紙業を兼ねた農業を中心として,米・麦・茶・ミカン・椎茸・製紙・繭などを産出した。特に和紙は郡下でも代表的な産地で,県工業試験場を設立し岐阜県から職人を招き,職人の養成および技術の向上を目指した。明治44年の全戸数は466で,職業別では農業455(専業105・兼業350)・製茶430・養蚕65・商業物品販売業23・理髪業3・飲食店2・その他となっている。大正2年の農業人口2,445(うち男1,473・女972),自作人271・自小作人1,796・小作人378。総耕地面積324町,うち自作地134町・小作地190町,小作地率58%。生産物は米作付反別101町・1,620石,麦46町・475石。産物別にみると,茶園反別103町,製茶産額9,545貫,生葉製茶売人14,製茶機械台数は65。椎茸9,000斤,生産戸数40,国内販売3,000斤・輸出6,000斤。柑橘関係は,栽培者89・売買者8。養蚕は戸数107戸,収繭高139石余。昭和20年の農地面積は自作地320町,小作地122町。第2次大戦後農地改革が実施され,昭和25年の自作地421町,小作地25町となった(朝比奈村誌・岡部町史)。昭和30年岡部町に合併。各大字は同町の大字として存続。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7347540
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ