ケータイ辞書JLogosロゴ 家代村(近世)


静岡県>掛川市

 江戸期〜明治22年の村名。佐野郡のうち。はじめ山内氏領,のち掛川藩領。村高は,文禄2年の検地では1,384石(掛川市誌),「元禄高帳」1,042石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,441石余。「掛川誌稿」では戸数117・人口558。村内で茄子・大角豆・白甜瓜などを産す。助郷は東海道掛川宿に出役。社寺は神明宮・山王社・曹洞宗福来寺・同宗正福寺・同宗新造庵・同宗医王寺・同宗海蔵庵。明治元年駿府藩領(同2年静岡藩と改称),同4年静岡県,浜松県を経て同9年再び静岡県に所属。明治22年雨桜【あまさくら】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7347716
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ