ケータイ辞書JLogosロゴ 井尻村(中世)


静岡県>掛川市

 戦国期に見える村名。遠江【とおとうみ】国佐野【さや】郡のうち。永禄12年4月15日の武田信玄所領安堵状(孕石文書/大日料10-2)に「一,壱貫弐百文 井尻村」とある。前年から武田・徳川両氏は同盟して今川氏を攻めているが,その際,代々今川氏の臣であった孕石元泰に,武田氏への忠節を条件に当村以下の所領を安堵している。その後両氏の同盟が破れて抗争関係に入った後も元泰は武田に属したようで,元亀2年3月4日,信玄からの感状で当地以下を再安堵され(残篇),また天正5年閏7月12日には元泰の一族の孕石和泉守が,武田勝頼から当地を安堵されている(同前)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7347844
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ