ケータイ辞書JLogosロゴ 入野村(近世)


静岡県>岡部町

 江戸期〜明治22年の村名。駿河【するが】国志太郡のうち。幕府領,明和7年からは遠江【とおとうみ】国横須賀藩領となる。村高は,寛永改高153石余,「元禄郷帳」155石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに157石余。小地名に西之谷がある(駿河志料1)。助郷は36町離れた岡部宿へ出役。化政期の戸数21。寺社は曹洞宗西方寺・神明宮。産物に雑穀・野菜・杉・松・楠・竹・柿・梅・栗・楮・茶・蜜柑・雑木・薯蕷・諸蕈・鮎・鮒・沢蝦・亀・蚕・桑がある(駿河記)。天保13年助郷役負担において人馬を出す代わりに,役金を納める揚役率は100%であった。同年の人足は年間延べ810人で,金に換算して21両と永147文3分2厘の負担となっている。当村は他の横須賀藩領の村々とともに助郷役を休ませてほしい旨の願書を提出し,その後横須賀藩の代官の手付らが回村した折に当村と殿村には10年間助郷役の半分を休役にする勧告があった。天保9年には道中奉行に申請して余荷助郷休役となった。天保10〜12年頃の「助郷諸入用書上控帳」によれば当村の負担は半減している。明治元年駿府藩領(同2年静岡藩と改称),同4年静岡県に所属。産物は,「明治10年分産物一覧表」によれば,米11石余・糯米15石・大麦19石・裸麦4.5石・大豆2石・蕎麦1石・製茶344斤・実綿80斤,繭・黍・蜀黍少量,「明治10年産林産紙類等取調一覧表」では杉丸太400本。明治22年岡部町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7348052
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ