ケータイ辞書JLogosロゴ 桂島村(近世)


静岡県>岡部町

 江戸期〜明治22年の村名。駿河【するが】国志太郡のうち。幕府領,天明5年旗本日向氏・幕府の相給となる。村高は,寛永改高192石余,「元禄郷帳」187石余,「天保郷帳」212石余,「旧高旧領」211石余。小地名に谷川・兎嶋・中山・蛇骨淵・俎板淵・押付淵がある(駿河志料1)。助郷は25町離れた岡部宿に出役。化政期の戸数56。相給地時代は旗本日向氏領144石余・幕府領42石余で,旗本領の村役人が幕府領分も担当している。貞享元年「桂嶋村指之出事」によれば,村高187石余,反別は田11町余・畑4町余。本百姓29・柄在家12,馬数15。産物は柿・栗・ワラビのほか植林が行われ,茶運上770文,山畑切畑運上2分。旗本領の茶運上は,文化9年725文,安政2年1貫123文を納税している。年貢率は,寛政2年旗本日向氏領3割7分4厘・幕府領3割4分4厘,元治元年旗本領4割1分8厘・幕府領3割4分3厘。旗本日向氏領の年貢米は古くは3分の1は金納であったが,文政6年頃にはすべて金納化となった。文政13年助郷役負担において,本来の人馬を出すかわりに金納する揚役率は100%であった。天保6年岡部宿助郷村々は2〜4か村ずつ組合をつくり,惣代として1か月交代で宿に詰めることになった。同年6月当村と対岸の村良【むらら】村が助郷村々惣代となった。谷川【やがわ】にある曹洞宗梅林院は遠江【とおとうみ】国高尾山石雲院末寺で当地方の中心的寺院であった。ほかに駿河国巡礼8番札所である曹洞宗神入寺がある。明治元年駿府藩領(同2年静岡藩と改称),同4年静岡県に所属。明治3年士族石井謙二郎に当村の朝比奈山御林の4つの谷120町の開墾が許可され,茶のほか桑と楮が植えられ,同年107町が開墾された。明治6年開墾は完了し横浜へ茶を出荷するほどになった。同8年開墾地の持主・小作人数は324。同10年の産物は米109石・糯米6石・大麦4石・大豆5石・裸麦1石余・蕎麦1石・製茶3,383斤・実綿162斤・藍葉200斤・薪2万8,080束・三椏1,155貫・楮186貫・左束紙688帖・大竹150本(村良区有文書)。同12年紅茶製造が開始された。同16年当村の消防組である「か組」が結成された。明治22年岡部町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7349029
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ