ケータイ辞書JLogosロゴ せき沢(中世)


静岡県>蒲原町

 鎌倉期に見える地名。駿河国庵原【いはら】郡のうち。「春能深山路」の弘安3年11月18日条に,「こえはてゝゆひといふ所すぎて,又あまのしほや五六ばかりなる所にこかげ有。とへばせきさはとぞいふなる」とあり,当地に海女の塩屋のあったことを伝えている。なお「平安紀行」によれば,文明12年6月太田持資(道灌)が京都に上る途中,当地で「とりすてゝおくての早苗せき沢の井杭も今は波の埋木」の歌を詠んだ旨が記されているが,本書は検討を要する。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7350833
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ