ケータイ辞書JLogosロゴ 長岡村(近世)


静岡県>伊豆長岡町

 江戸期〜明治22年の村名。田方郡のうち,元禄14年からは君沢郡。はじめ幕府領,元禄11年からは旗本小堀・牛込・島田・伊丹・小菅・小出氏の相給。検地は延宝6年。村高は,「元禄郷帳」730石余,「天保郷帳」729石余,「旧高旧領」731石余。反別は,田49町余・畑19町3反余・宅地5町3反余・山林92町2反余・原野50町余,計216町余。米・麦のほか製紙原料の楮・柿が特産。助郷は東海道三島宿に出役。用水は大堤・上の堤・下の堤を利用。元文4年の家数66・人数284,馬9,牛2。神社は日枝神社(山王権現)・諏訪神社・八幡神社・若宮神社・高根神社。寺院は日蓮宗宗徳寺・同宗妙長寺。物産は米・大麦・小麦・大豆・煙草など。明治元年韮山県,同4年足柄県を経て同9年静岡県に所属。明治6年長岡学舎開校。同10年頃の戸数92。明治22年川西村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7351612
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ