ケータイ辞書JLogosロゴ 饗庭村(近世)


愛知県>吉良町

 江戸期〜明治22年の村名。幡豆郡のうち。はじめ旗本吉良氏知行,吉良氏絶家後の元禄16年石見浜田藩領,宝暦7年からは旗本諏訪氏知行。村高は,「寛永高附」「元禄郷帳」ともに566石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに752石余。金蓮寺は饗庭城主石川妙鶴丸の祈願所となった寺で,寺伝によれば,暦応3年足利尊氏が尾張国光福寺の塔頭を移したもの。ほかに饗庭神社などがある。塩田があり,当村周辺の塩は饗庭塩という銘柄で知られた。明治22年荻原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7353967
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ